利便性の高いものを選ぶ

まだまだ、日本国内での医薬品のネット販売に関しては賛否両論であり完全解禁は難しそうなところですね。

しかし、既に海外からの個人輸入に関してなどはインターネットを利用した医薬品の通信販売は解禁されており海外医薬品個人輸入代行のためのサービスなども広がって来ています。

海外医薬品の中には、日本国内で流通している薬のジェネリック医薬品などもありますので同じような成分の物をより安く手に入れたいという人にはうってつけです。

しかし、やはり個人輸入であっても海外から商品を取り寄せるにはそれなりに手間もかかりますし手続きなどもありますので知識なども必要になって来ます。

しかし、今はその手間や手続きなどを代わりにやってくれるというようなネットサービスも最近は充実しつつあるのです。

確かに、利便性はより高いのですがその分自分で気をつけて品質の高い薬個人輸入代行サイトを選ぶことが必要になって来ます。

実際、そう言った個人輸入を代行してくれるサイトは偽物を送りつけるような悪質なものもありますからね。

そういう時は、薬品関連の会社とのフォーラムを作ってある場所を選ぶことで信用度は高くなりますのでリンクなどを気をつけてみるといいでしょう。

 

ジェネリック医薬品の使用促進

 

ジェネリック医薬品という言葉を最近しばしば耳にしますが、どんなものかご存知でしょうか。

ジェネリック医薬品は後発医薬品ともいい、先発医薬品いわゆる新薬の開発から特定の年数が経過し特許が切れたことから他の製薬会社が製造・販売する新薬と同一成分・同一効能の薬を指します。

成分や効能が同じだけでなく、色や形といった見た目もそっくりです。

ジェネリック医薬品は、先発医薬品と同じ成分や効能を持っているのに価格はかなり安いのが特徴です。

品物にもよりますが、半額以下というケースも少なくありません。

ジェネリック医薬品が安いのは、研究・開発経費や時間が掛からないことが理由です。

中には薬の値段が安いということでその効果や安全面を心配される方もあるかもしれません。

でもご安心ください。

新薬もジェネリック医薬品も成分は同じなので、効能や副作用に差はありません。

「生物学的同等性試験」という、実際に数人が薬を飲んで先発薬と同等の許容範囲の血中濃度を示すかどうかの試験を行なうなどで、その効果の程もチェックされています。

ただし、多少製法が異なったり添加物の種類が違うなどで先発薬と完全に同一であるとは言い切れないため、アレルギーを起こすなどの症状が出る可能性は否定できません。

欧米諸国ではジェネリック医薬品は広く浸透しており、処方割合は50パーセント以上に達するのに対し、日本では15~6パーセント程度でしかありません。

そこでジェネリック医薬品の促進対処策として、平成20年に画期的な案が実施されました。

それは、医師がジェネリック医薬品への変更を不可としない限り、患者と薬剤師の間の話し合いによりジェネリック医薬品への変更が可能となるというものです。

効果や副作用が心配なら、ジェネリック医薬品を1週間程度試してみた後、問題がなければ引き続き使用することも出来ます。

これまで医療の現場は閉鎖的な面があり、患者は医師の決定には無条件に従わなければならないような風潮がありました。

しかし、これからは患者が自分自身で医療に直接関わっていくことが可能となるだけでなく、それが求められるようになるでしょう。
ジェネリック医薬品の利用の選択もその一つの現れといえるでしょう。